自作自演ゲームコーナー αISLAND出張版

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
テーブル筐体2号機導入記
2009年のゴールデンウイーク明けに家に搬送してきた1号機の登場から半年の11月
あることがきっかけにそいつがあらわれた・・・・・・











           コウジ「それ、ゲーム換えるたんびにモニターの向きを変えるのかい?」
           マサオ『そうでなきゃ縦シュー遊べないっしょw』
           コウジ「テーブル内側のマスクも向き変えるんだね」
           マサオ『そうじゃなきゃ不恰好だし・・・』
           コウジ「起動したら思いっきり色ずれしてるね」
           マサオ『消磁気使って直すよ、魔法少女のステッキみたいにwww』
           コウジ「めんどくさいね」
           マサオ『・・・・・・うん』
   コウジ「もう一台買ってみたらいいんじゃない」
   マサオ『・・・・・!!』



その数日後、とある店のホームページでテーブル筐体の中古を扱っているお店を見つけた

うれしいことにモデル2や3の映像を映すための映像周波数24Khzにも対応しているモデルがあった!
                       早速注文する





                        3日後・・・・・・・





IMG_0211.jpg
IMG_0208.jpg
そいつは届いた




こちらは購入当初まだ部屋もまともに整理されてないときに撮影した物

サンダーフォースACではなくメガドライブのサンダーフォースⅢをこの筐体に映せるようにして、尚且つ筐体のコンパネで操作できるようにした物
DSCI0112.jpg
DSCI0111.jpg





こちらはメガドライブを筐体に映し操作するための元となる心臓部
自社からはメガドライブの純正RGB21PINケーブルは発売されてはいないが、シグマ系コントロールBOXのケーブルはそのまま使える(ネオジオの純正でも大丈夫だったかな?)

IMG_0212.jpg



元々持っていたタイトー製アルカノイド純正パドルセンサーを2P側の空いたパネルに取り付けた物


IMG_0213.jpg
キャメルトライなどのゲームをやるときは、モニター基板の反転スイッチを使って向きを変えるが、
アルカノイドの場合、どっちにしてもモニターの向きを変えるのスイッチはいじらない
(と言っても家のセンサー系ゲームは基板のディップスイッチ設定の時点で反対にしているが・・・)





2号機も1号機と同じようなコンパネが見つかったらそれに換装したいところですね。




なお、1P側のボタン1とボタン2は昔のマイクロスイッチ内臓のプッシュボタン(いわゆるカチカチボタン)
を取り付けており、その辺のこだわりを入れてあえてこっちを取り付けました


後はスピーカーを2つ取り付けてステレオ使用にしています。




2号機のレビューはこんなところです。
スポンサーサイト
| テーブル筐体2号機 | 14:13 |
| ホーム |

プロフィール

マサオジャンプのコウジ

Author:マサオジャンプのコウジ
自宅の部屋をゲームコーナーにする人
また、極めて限定しているが、最近はビデオゲーム対戦会にも出ることがある

最新記事
最新コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Twitter on FC2

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。